デルアンバサダーにて、ALIENWARE m15をお借りしました!Vol.3

Dellアンバサダー

個人的に苦手な梅雨が続き、
そのせいか、めちゃくちゃ過眠してます(合計13時間/日ぐらい?)。

どうも!なるです。こんにちは!

さて、期間が空いてしまったので、
すこし振り返らせてもらいます。

僕はデル社の「デルアンバサダー」という
会員制のサービスにて、
ゲーミングノートPC「ALIENWARE m15」というPCを
レビュー機としてお借りしていました。

今回、お借りしていたレビュー機を返却しましたので、
箱詰めの悲しさ(笑)や全体的な感想等を共有できればと、
デルアンバサダー記事Vol.3。
お読みいただければ幸いです。

なお、前回までの記事をお読みいただける場合には
コチラに飛んでいただければと思います。

涙の箱詰め(返却のために)

今回の返却にあたり、
箱詰めの際の様子を写真に何枚か収めましたので、
少しの間お付き合いいただければ幸いです。

箱に収めたの図

なんとまぁしっくり収まることでしょう……!!

正直この箱を「傷つけないように」保管しておくのが、
今回、レビュー機をお借りするにあたって
もっとも大変だったところでもあります(なんせワンルームなのでwww)。

そのため、
デルアンバサダーの利用を検討されている方は
少しそのことを頭に入れておくといいかもしれません。

箱を閉めたの図

まぁ、とにかく箱までカッコイイ!

正直、箱を豪華にすることでコストも上がるので
このこと自体には賛否ありそうですが、
このALIENWAREを買う層はコスパは求めてないと思うので
これはこれでいいと思います。

こんなん惚れてまうわ!

ところで、
箱の中にはこんな紙も入っていたのですね。

パパッと読んでみてもらってもいいですか??

どうでしょうか。

僕としては、
もし自分がこのPCを買ったとして
箱を開けますよね。

そうして、
この紙を見たのなら、心の底から
「高いけど買ってよかったーー!!!」
と思うと思います。

なかなか粋なことをしてくれますよね!

こういう商品ではないところで
買った喜びを与える仕組み、
僕としては大好きです。

ゲーム以外のところでの感想

RGBライト

ゲームをプレイしての感想は
前回の記事に書きましたため割愛するとして、、

今回はPC自体の感想をかければいいなと思います。

まず、
このPCは「ゲーミングPC」です。

ゲーミングPCといえば「アレ」ですよね!

そうピカピカのRGBライト!!

こちらのPCもご多分漏れず
各所にRGBライトが埋め込まれています。

背面のRGBライト

このPCはヒンジのさらに後ろ側(上の写真だと手前側)に
冷却のためのスペースがあります。

こちらのPCではその先にライトが埋め込まれているんですよねぇ。。

他のゲーミングPCでは中々見られない配置ではないのでしょうか。
色や光り方を指定できます。

また、画像上部のALIENWAREのロゴマークの色も指定することができます。

僕は他人と持っている物が被ることが
あまり好きではないため、
この(いい意味で)特殊な光り方はとても好みです。
単純にカッコいいですし。。そうでしょう??

キーボードのバックライト

もちろん、キーボードもRGBです。

結構細かく指定することができ、
画像の光らせ方以外にも
単色点灯とかにもできますので、
“見やすさ”を優先することもできます。

タッチパッド

また、本PCのタッチパッドは
パッド全体がボタンになっているタイプです。
(画像なくてすいません。。)

こればっかりは
使い手の好みのため、
良し悪しを決めることはできません。が、
僕個人としてはあまり好きではありません。

ただ、それ以外のパッドの滑り具合や精度等は
全く問題ありません。

「最高」ではありませんが、
決して使いにくくはありません。

そういやRAID 0ストレージだったな。。

そうです。

本機種は256GB×2のSSDに
分散してデータを読み書きして
速度向上を図る“RAID 0”です(OSから見える実容量は512GB)。

そうなると、
ベンチマークを取りたくなるのが
ガジェッターの性。。

したらば早速。。

ででん!!

なる
なる

しゅごい速い……!!

流石にRAID 0は伊達じゃない。。

めちゃくちゃに速いです。

動画編集など
ストレージに負荷がかかる作業の時に
効果を発揮しそうですね!

なる
なる

ただ、ただでさえデータ復旧の難しいSSDに
追い討ちをかけるようにRAID 0で
さらに復旧が難しくなることは想像に容易い。。
当たり前だけどちゃんとバックアップは取るべき!!

今回の体験の総評

まず、
今回のレビュー機は
デル社の「デルアンバサダー」によって貸与された物です。

「デルアンバサダー」には誰でも登録することができ、
ブログサイトを持っていなくとも、
代わりにSNSにて発信する形でレビュー機を借りることができます。

ちなみに
応募者多数の場合は抽選になるそうで、
今回はありがたくも当選したため
このようにレビューを書かせていただきました。

手続き自体はとても簡単で
当選を勝ち取ることが一番の難題かと思います。

また、PCについて
良い点、悪い点を挙げると以下のようになります。

良い点
・圧倒的パフォーマンス
・他にないデザインのカッコよさ
・意外と静音(ゲーム中含む)
・キーボードが打ちやすい
・4K有機ELは圧倒的に美しい

悪い点
・タッチパッドが全体1ボタン式
・最高のディスプレイを流石に活かしきれない性能
・このPCには野暮かもしれないが、やはり高い

悪い点のタッチパッドについては
完全に好みの問題だから置いとくとして……

一番惜しいのは
最高のディスプレイを搭載しているのにも関わらず、
ゲームでは完全には活かしきれない点。

これは単純にスペック不足が原因です。
4Kゲームを満足に動かせるだけのスペックを
(これでも)持ち合わせていませんでした。

現実問題として、
4KゲームをノートPCで動かすのはまだまだ厳しいのだと思いますが、
このディスプレイを選択すると価格が5万円ほど跳ね上がるのです。

選択することで5万円分の満足感を得られるかというと、
正直微妙。。というか、少しがっかりする方もいるかと思います。

現状はこの4K有機ELを選ぶよりも
より安価な高フレームレートのフルHD液晶ディスプレイを選び、
差額をグラフィックに充てた方が満足度は高いです。

なかなかもどかしいですね。

ですが、こればかりは
今後の技術刷新に期待するしかないでしょう。

とは言っても
現状では最高峰のスペックを誇るPCであることは事実。

流石に値段はお高いですが、
それに見合う満足感は得られます(少なくともディスプレイ以外は)。

このPCをオススメできる人は??
  • 頻繁に泊まりがけで出かけるゲーマーの方
  • あくまでノートPCを求めるクリエイターの方
  • 本当はデスクトップが欲しいけど置き場所がないゲーマーの方
  • 外出先でもデスクトップ級のスペックが欲しいスペック厨の方

……になりますかね。

最後のは少しふざけましたが、
意外と重要です。

というのも
このPCの魅力の一つに
「デスクトップPCさえ凌駕するスペックをわずか2キロ強で持ち運べる」
というのがあります。

これこそがゲーミングノートPCの本随であり、
各社がいかに制限のある中で使いやすい製品を作るかを
凌ぎ合っている点でもあります。

今回のALIENWAREは
現実的に不満のないスペック、
その気になれば軽く持ち歩けてしまうサイズ、そして重量。

それらをバランスよくまとめた名機だと感じました。

確かに価格は高いですが
高いのにはそれなりの理由があると思わせてくれる製品です。

少しでも気になった方は
「デルアンバサダー」に是非登録してみてください!

結構頻繁にレビュー機貸し出しは行われていますので、
応募してみると意外と当選するかもしれませんよ?

最後にここまで読んでいただき、
ありがとうございました!

皆様によきPCライフを!!

なる
なる

今回の投稿はかなり遅れてしましました。
1記事以上書くというノルマはすでに達成していたものの、
返却から大幅に遅れてしまい、申し訳ありませんでした。

タイトルとURLをコピーしました